ねむっこのちょっとした日々のことを写真を添えて
綴ります。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
微花。





 お久しぶりです。だんだん春が近づいてきていますね。

 カメラや携帯を構えた時の光が変わってきている気がします。あたたかな光に。

 でも冬のキンとした空気で撮る写真も綺麗で、好きなんですけどね。

 ところで、本日は微花の写真展・トークショーの話を。ツイッターで、微花のことを知って、なんなんだろうと思っていたのですが、奈良の古本屋さん、とほんさんで見つけて、「あ、これか!」と思ったのが出会い。

 植物図鑑なのですが、写真とその植物の名前が書かれていて、はじめと終わりに文章があるリトルプレス。季刊で、それぞれの季節の終わりごろに発刊される不思議な本。私が説明するまでもなく、見て、読んでもらうのがいいと思うのですが、お洒落だけど、ずしっとくる文章が載っている本。

 ひさびさに本好きの私の読書欲を刺激しました。こんな言葉使う人がいるんだと。こんな行間に含みのある文章を書く人がいるんだと。

 中学時代は毎日図書室に通うくらいの読書好きで、なぜ文学部にいかない。と中学時代の友達になぜか怒られたくらいの私も、働き出して、バタバタし、本を読まなくなって、ちゃんとした日本語がでてこない。語彙が少なすぎる・・と実感し、ちゃんと本を読まないとと思っていたところ、植物図鑑なのに、読み物としてもズシッとくる文章に出会い、衝撃を受けました。

 しかも作っているお二人、若い。最近の若者は・・と言われますが、最近の若者、すごいですね。

 そんなお二人の写真展、トークショーがありまして、行ってきました。

 そこでわかったことは、微花の二人にとっては、この本たちは、微花の存在に気づいて、愛し始めて、世界が広がったことを読者の人たちに伝えて、それを契機に読者の人たちにも微花の世界、ひいては今まだ気づいていない世界に気づいてほしいということ。

 この本たちをつくるだけでは終わらず、そこからもっと楽しい世界や人とのつながりを作っていきたいということ。そして微花の本たちも、もっともっと深い、植物図鑑にしたいということ。

 私が2時間のお話で、印象深く残っているのはそんなことでした。(違っていたらごめんなさい)

 ちょっとしたことに気づくだけで、毎日が輝きだすことがありますものね。これからまだまお二人の世界は広がっていきそうです。

 社会人を何年もすると世界が広がることはあまりなく、でも心持ち次第で、まだまだ世界は広がるのかなあ。といい刺激を受けたトークショー、写真展でした。

 (写真は携帯で撮ったもので、画質が荒くてごめんなさい・・)
- comments(0) -
視点。






変わりものだとは自分では思わないけれど、人とは違うところを見ているなあ・・とは思う。

モノクロ写真を現像してもらって、特にそう思った。

私はこれが面白いと思うけれど、さて一般的にはどうなのか。

木の根っこやガラスに映る世界や水面にうつる世界が面白いと思って撮っている。

違う世界や生命力が感じられるものがすきなんだろうなあ。
- comments(0) -
2016年 今年もよろしくお願いします。
ほぼ1年ぶりの更新ですね・・。

ま、春に更新してるので、まだ1年ではないか。

2016年あけました。今年もよろしくお願いします。

2015年は春にインフルエンザにかかったり、職場が少し変わったり、祖父が亡くなったり、急に仕事が忙しくなったりと、いろいろとありました。

大吉だったはずなんだけどなあ・・結構いろいろあって、長い一年でした。

そのため写真もあまり撮れず。海外旅行にもいけませんでした。

2016年はもう少し旅に出て、もう少し写真も撮れたらなあと思います。

でも基本は、のんびり暮らしたい。のんびりお茶してたい。

のんびりが伝わる写真が撮れればいいな。

今年もよろしくお願いします。



今年もきっと古いもの好き、紙物好きは変わりません。
- comments(0) -
サクラサク。





いつの間にか春がきていた。
桜は毎年撮っても、やはり撮ってしまう。


雨上がりの桜は綺麗で、ひさびさにデジタルカメラでカシャリ。
楽しすぎて、熱中してしまった。


モノクロの桜も綺麗だなあと発見。
今年はどれだけ桜が撮れるかなあ。

今日雨上がりの散歩で満喫したので、結構満足だったりする。


でもやっぱり何回も撮ってしまうんだろうな。

咲き始めも、満開も、散るときも美しい花だ。


春が来たなあと思う。


春の間に、お舟かもめに乗って、水辺から桜も撮ってみたい。



 
- comments(0) -
モノクロの春




- comments(0) -
写真の力。


前回の更新から1ヶ月以上経ちました、みなさまお元気でしょうか?前回は最後に雪の写真を。と言っておりましたが、データを作るのを忘れた・・というミスを犯し、古い写真ですみません・・。春よ来いということで。

桜はいつみても綺麗。

もう2月も終わり・・2月はよく働きました。3月もいろいろ待ってますねえ・・。身体も心もお疲れ気味ですが、最近写真にまつわる出来事に癒されております。

自分の撮った写真が友達に喜ばれるという状況に何度か遭遇し、素直に嬉しいのと、ちょっと恥ずかしいのと。
基本的に撮る瞬間が好きで、カメラ自体にも、展示することにもあまり興味がないほうだったのですが、

こんなに喜んでもらえるなら、もっと上手というか、喜んでもらえるような写真を撮りたいなあと。

喜んでもらえる写真って難しいんですよね。

うまい下手じゃなくて、いかにその人にぴったりの写真を撮るかに、頭をフル稼働させないといけないので。

相手との距離感、その時の雰囲気もありますし。

誰かのというよりかは、私は大切な人たちの癒しや支えになるような写真が撮りたいなあ。

大切な人たちがいることで、大切な人たちが思い出してくれることで、私は生きてていいんだなあと思えるので。

もちろん、自分のためにも写真を撮りますけどね。

私の趣味(音楽と写真)はどちらもまだまだ先が長いです。だから飽きないのかな。

ぼちぼちでも続けていきたいな。






 
- comments(0) -
2015年1月・・
2015年あけて、2週間があっという間にたってしまいました。

みなさまいかがおすごしでしょうか。

私は徐々に忙しさが増してきております。
処理することが一気に何個も重なる時期がやってきました。
いつもどおり頭がパニックです。

パソコンに向かっている時間が増えるため、肩と首がパンパンで、
マッサージに行く度に、パンパンですね・・といわれる始末・・。

スマホもみるので、さらにでしょうね。気をつけねば。
ストレッチもしなきゃなんですけどねえ・・。

2015年は、なるべく忙しい時期は、大人しくしようと思っております。

余裕・余白を持つこと。

2015年の目標はざっくりいうとこれです。

気持ちにも。予定にも。部屋にも。

意識的に家でゆっくりできる時間を増やそうと思います。

1月はじめからはじめ、結構できております。物足りない感じもありますが、落ち着きます。

ただ予定が増えてくると、反対についていけるのだろうかとも思っております。

1ヶ月に1回くらいは、写真をがっつり撮れたらいいなあとは思っていますが、
まあ、ぼちぼちと。

みなさんの今年の抱負はなんでしょうか。

今回は少し古い写真ですが、次回は年始の雪の写真をあげられたらいいな。

では、また。





 
- comments(0) -
2014年、お世話になりました。

大変おひさしぶりです。
2014年、最後の日となりました。
密かに見てくださっている方、ありがとうございます。


去年以上にブログを更新しなかった1年でした。
家に帰ってまでパソコンの前に座ろうと思えないのですよね・・。


今年は気持ちがグレーのまま過ぎ去った1年だった気がします。
自分の至らなさもいっぱい感じつつ、どうしたらいいんだろうと思うことがいつも以上に多かった1年でした。


その一方で、よい音楽に出会ったり、新たな友達ができたり、大分、箱根、東京、小豆島、カナダ、岐阜等、短い時間でしたが、旅にもでておりました。


ほんまもう無理・・と思いながら旅にでることが多いのですが、旅に出るとリフレッシュして帰ってきて、なんとかなるか・・と思えるのが不思議です。そして昔から行きたいなあと思っていた場所にいけたのも、今年の収穫でした。


今の職場になって少ししてからはじめたサックスも、今年やっと中級になり、それなりの曲が吹けるようになってきました。
体力がないので、いまだに酸欠状態となっておりますが、同じクラスの方と励ましつつやっております。


来年もバタバタしそうですが、1年を振り返って何かできたなあと思える2015年を過ごせたらなと思っております。

2014年お世話になったみなさま、ありがとうございました。

2015年もよろしくお願いします。

さて、年越しそばを食べ、いとこの娘ちゃんたちに教えてもらったようかい体操第一を紅白みながら踊って、2014年をしめようと思います。

では、また。
- comments(0) -
写真で蘇る記憶。





カナダ旅記録はまた今度。

カナダで撮った写真と一緒に出したフィルムには、夏に行った東京の写真も写っていた。

うわぁ、懐かしいなと。

井の頭公園の池のほとりのベンチで、友達とチャイ飲みながらサンドウィッチ食べたなあとか(カフェが一杯だったため)

朝なら空いているはず!と早朝に一人カメラをもってザ・観光地な雷門にいったなあとか。(隅田川花火大会の日の早朝)

ホステルで同室だった外国の方に、なんで花火をみないんだ!といわれたなあとか。

東京にいる友達元気かなあとか。

写真でいろんな記憶が蘇る。

忘れていた記憶が、写真にきちんとしまわれているみたいだ。
 
- comments(0) -
2014年 海外秋の旅1




  (写真は上から 恋人の小道・アンの部屋・観光地となるグリーンゲイブルス)

お久しぶりです。

すっかり秋になり、肌寒くなってきましたね。

ブログを全然更新していなかったのは、PCを全然あけてなかったからです。

スマートフォンになってから、調べ物までそちらでやってしまうし、特に必要なく・・。

写真を編集したりするために、PCを新調!と毎年いっていますが、そのお金は旅へと消えていきます・・。

そうです、今年も行ってきました、海外。

ついにいってきました、憧れの地。

朝ドラの影響で、流行の地となっていました(日本人観光客は、いつもの3倍とのこと)

そう、カナダのプリンスエドワード島です。

関西からは乗り換え2回でいけるのに、乗り継ぎが悪くて、ほぼ1日かかりましたけど。

トロントからシャーロットタウンへの飛行機が、2時間遅れて出発、とかそのおかげで着いたのが、キャベンデッシュ村についたのは、深夜3時とか。

さらにそのおかげで、スカンクの匂いに遭遇し、アライグマにも遭遇するとか、いろいろ面白かったです。

深夜に2時間飛行機の中で待つとかやめてほしかったけど・・なぜ飛ばないか、必死に聞いていたけど、ほぼわからないし。

あいかわらず疲れているのか、旅は田舎に逃げ込んでしまうことが多い私ですが、信号機が1個しかない村に来たのは人生初です。

しかしこの村、赤毛のアンの舞台です。徒歩でグリーンゲイブルスも、恋人の小道も、輝く湖水も、おばけの森も(赤毛のアンを読んだ人にしかわからない場所かもですが・・)いけるのです。

そして、農業と漁業が盛んな土地で、じゃがいものとアイスと魚とラズベリーが絶品。

B&Bで出るジャムを毎日たっぷりつけ、風がビュービュー吹いている中ラズベリーアイスクリームを食べ(見知らぬ観光客のおじさんに、英語でおいしいかい?って話しかけられ)、ラズベリーコーディアルを飲み(赤毛のアンでいういちご水です。)フィッシュアンドチップスも食べ(これはチップスの量が多くて残しました・・)、ポテトパイもぺろりと食べ、ロブスターも無言で食べ、ボールいっぱいのムール貝も食べました。あ、あとハンバーガーも食べましたが、これは大きくて無理だった・・

(これは旅の全行程で食べたものであり、1日で食べたものでは決してありません。)

とはじめから食べ物の話ばかりで恐縮ですが、次回はカナダで出会った人たちの話を。


 
- comments(0) -
| 1/13 | >>